樹脂印とゴム印の違い  ゴム印の製造過程のご案内

  • 2020.02.15 Saturday
  • 09:36

周南市
(徳山・新南陽・鹿野・熊毛)
下松市・光市・周東町
玖珂町・柳井市
に お住いの皆様

 実印・銀行印・会社印・ゴム印
名刺・封筒、ハガキ印刷

Tシャツプリントの店

 


和光スタンプ です。

実印は、親から子供への

 

  大切な贈りものです

 

 

 

 

新しい旗

 

 

 

八兵衛です。

 

 

今日は、ゴム印の品質と製造方法のご説明です。

 

最近は、通信販売などで低価格のゴム印を販売

している業者さんがありますが、注意してよく見ると

製造工程を省略できる樹脂印(じゅしいん)を「ゴム印」

と称して販売している業者さんもありますね。

 

化学合成した樹脂印も最近は、かなり品質が上がって

きましたがまだまだ天然ゴムを原料にしたきちんと

したゴム印の品質にはかなわないようです。

耐久性が全然違います。

 

ゴム印の製造過程1

 

 

ゴム印を作るには、まず注文書をもとにゴム印の

版下原稿を作ります。

この原稿をもとにネガフィルムを作成し フィルムに

小さな穴や文字の欠けがないか確認して修正します。

 

次にこのネガフィルムを紫外線で固まる感光樹脂に

密着させ強い紫外線を当てて文字の部分を硬化させます。

そのあとこれをもとにゴム印を作る型を取ります。

 

ゴム印の製造過程2

 

上手に型ができたらここに天然ゴムからできた

ゴム印の原料を押し付けてプレス機で熱と圧力を

かけてゴム印を成型していきます。

 

この時 一気にプレスすると熱で発生したガスが

気泡になってゴムの文字が変形しますので何度か

プレス機の圧力を弱めてガス抜きをします。

 

こうして出来たゴム印のゴムを原稿を見ながら

原稿の通りにカットしていきます。

カットが済んだらインキをつけて台木に見出しを

押印して赤外線でインキを乾かします。

 

ゴム印の製造過程3

 

最後に台木にゴム印を張り付けてゴム印の完成です。

 

 

 

 

最後まで ご覧いただき有難うございました。

 


 

==== 店長・お店紹介 ====

 実印と銀行印の2本セットが
   当店のお勧めです!!

 

    
実印・印鑑・ゴム印・名刺・ハガキ・封筒・伝票印刷
シャチハタ・Tシャツプリント・カッテイングシート
表札・ネームプレート
の専門店


有限会社 和光スタンプ周南店 

 
【ホームページはこちら】


【アクセスはこちら】

〒745-0847 山口県周南市松保町8-1 三星松保ビル1F
【電話でお問合せ】  TEL    0834-21-8317
【FAXでお問合せ】  フリーFAX 0120-851-817
【mailでお問合せ】
wako-stamp@mx51.tiki.ne.jp  

 

 

 

 

新しい旗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ホームページ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM